hawaii in march

3月のハワイ:ハワイ旅行にベストな時期?

From The
Blog

Updated: November 1, 2022

ハワイを訪れるのにベストな時期を探しているなら、3月がおすすめ! 一年を通して気候の良いハワイは、どの月に訪れても間違いなしですが、時期によって旅行費用や混み具合、イベントやアクティビティが変わります。

ハワイのバケーション体験は、3月の前半に訪れるか後半に訪れるかによっても大きく変わります。ほとんどの学校が春休みに入り、イースター休暇を取る人が増える3月下旬の2週間は、ハワイを訪れる人の数がピークを迎え、ワイキキも普段より賑わいます。

3月のハワイは、雨季の終盤で少し雨が降ることもありますが、基本的に昼間は暖かく、夜は夏より涼しく、大変過ごしやすい時期といえます。そしてこの時期注目したいのが、アラスカから暖かいハワイへ、交尾、出産、子育てのためにやってくるザトウクジラと、咲き始めたプルメリアの花々です。

3月のハワイの天候

ハワイの島々はどこも一年中素晴らしい天候で、3月もそれは変わりません。冬が終わった3月のハワイの平均気温は25℃前後で、温暖な日が続きます。

昼間は晴れて、夜は涼しくなることが多くなります。日が暮れたあと気温が20℃近くまで下がることもあるので、夕方サンセットを見にビーチを訪れる場合は、薄手のジャケットが一枚あると安心です。美しく暖かいハワイですが、いざというときのためにスーツケースに入れておきましょう。

冬はハワイの雨季で、3月はほぼ雨季が終わる時期になります。12月や1月ほど雨は降らないものの、予想外に降ったときのために折り畳み傘を用意しておくのが賢明かもしれません。

気温

ハワイの気温は、どの島(そして島のどちら側)にいるかによって変わります。3月のハワイ諸島の主要地域の最高気温と最低気温の平均値は以下の通りです。

・オアフ島:最高気温26.7℃、最低気温20.6℃

・マウイ島:最高気温26.7℃、最低気温18.3℃

・ハワイ島(コナ方面):最高気温27.8℃、最低気温20.6℃

・ハワイ島(ヒロ方面):最高気温26.1℃、最低気温17.8℃

・カウアイ島:最高気温25.6℃、最低気温20℃

・モロカイ島:最高気温25.6℃、最低気温18.3℃

・ラナイ島:最高気温24.4℃、最低気温16.1℃

ご覧のように、ハワイのどこにいるかによって、平均気温は最高値の27.8℃〜最低値の16.1℃まで幅があります。基本的にどの島でも南岸(サウスショア)は気温が高く乾燥していて、北岸(ノースショア)は北半球から吹く貿易風の影響で、より涼しく雨も多く降ります。

カウアイ島のコケエ州立公園やハワイ島の火山などは標高が高く寒いので、アウトドアのアクティビティに出かける場合は、そのことを念頭に置いて服を選ぶようにして下さい。

水温

冬が終わりかけの3月のハワイ全体の平均海水温度は23.9℃前後。海での水泳やシュノーケリング、その他のアクティビティを楽しむことができます。少し肌寒いと感じる方には、ラッシュガードの着用をおすすめします。

海況

ハワイでは冬の間、ノースショアの波が大きくなることで知られていますが、3月に入ると波は徐々に小さくなります。もしあなたが熟練サーファーなら、3月初頭に大きなうねりをキャッチできるかもしれません。3月末頃になると、ノースショアのビーチでも水泳やゆったりとサーフィンを楽しめる穏やかな日が増えます。

雨季

厳密にはまだ雨季ですが、3月のハワイの平均降水量はほとんどの場所で約50mm以下です。ただし、ハワイ島のヒロ側など、湿度の高い地域では、最大150mmに達することがあります。3月の平均降水確率は20~30%となっています。

3月は冬の他の月よりも雨が少なく、シャワー(突然の雨)が降っても、通常はしばらく待っていると止むパターンがほとんどです。また、ハワイのハリケーンシーズンは6月〜11月までですので、3月のハワイでは大きな嵐を心配する必要はありません。

最も雨の多い月ではありませんが、3月のハワイは湿度の高い地域は避けた方がよいかもしれません。気象データで見ると、ハワイの中で降水量が少ないのは以下の地域が挙げられます。これらの地域は、滞在に向いているといえます。

・マウイ島の南部と西部

・オアフ島のサウスショア

・ハワイ島のコハラコースト

3月にハワイを訪れるのに必要な費用の平均

3月は、春休みをハワイで過ごそうとやってくるツーリストで賑わうピークシーズン。飛行機のチケット、ホテル、レンタカーの料金は、特にギリギリで予約しようとすると、比較的高値になります。

2月下旬から3月上旬くらいだと、天気が良いわりにそんなに混んでいません。言い換えれぼ、3月後半を避ければ、比較的低価格でハワイを訪れることができるという訳です。

航空運賃

日本からハワイへのフライトは、出発地、予約クラス(エコノミー、ビジネスなど)、航空券の種類(正規割引運賃、格安航空券)、利用する航空会社、訪れる時期によって異なります。春休みや卒業旅行でハワイへの旅行者が増える3月は、エコノミークラスでも10万円を超える場合があります。

とはいえ、日本からハワイへの観光がピークの最高潮を迎えるのは、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み(特にお盆の頃)なので、3月はピーク時よりは航空運賃を少し安く抑えられるかもしれません。

ホテル料金

ホテルの宿泊料金は、春休みとイースター(3月中に行われる場合)の頃がピークシーズンで高くなります。かなり前から予約することを前提としても、平均1泊250〜300ドルはかかります。

ハワイのどこに滞在するのが最適なのか、目的によっておすすめの場所が変わります。

・ザ・ハワイといった象徴的な雰囲気の所:ハワイ島のコナ地区、オアフ島のワイキキ

・観光客の少ない所:ハワイ島のヒロ地区、カウアイ島、ラナイ島

・最も高級な所:マウイ島、ラナイ島

・最高のナイトライフを楽しめる所:オアフ島のワイキキ、マウイ島のカフルイ

・大自然を堪能できる所:カウアイ島、ラナイ島、ハワイ島のアップカントリー

レンタカー

繁忙期に車を借りると、1日あたりおよそ50〜150ドルかかる可能性があります。もちろん料金は、車の種類、予約時期、およびその時のレンタカー会社の需要によって異なります。

マウイ島、オアフ島、ハワイ島、カウアイ島では、Uber(ウーバー)やLyft(リフト)などのライドシェアサービスを利用できます。滞在先から目的地までがそれほど遠くない場合は、ライドシェアを利用することで、レンタカー代、ガソリン代、駐車料金を節約できます。

ハワイを訪れるのにベストな時期は3月のいつ頃?

3月でも、ハワイが本格的に忙しくなるのは中旬から。春休みを利用してハワイのビーチをお目当てにやってくるツーリストが増え、どの島も賑わいます。

喧騒を避けたいという人は、3月上旬の旅行日程を計画してみてください。航空券や宿泊施設は、旅行日に近くなればなるほど料金が高くなったり、空きがなくなる可能性が高いので、遅くとも1〜2ヶ月前には予約を済ますようにしましょう。

3月が自分にとって、ハワイを訪れるのにベストな時期かどうか、まだよく分からないという場合は、こちらのガイドをチェックしてみて下さい。

春休み

ほとんどの学校は3月下旬、または3月中旬から春休みが始まるため、この期間はホテルやビーチが混雑します。春休みをハワイで過ごす場合は、普段より高い料金と人の多さを覚悟しておいて下さい。

ハイシーズンの混み具合

夏のハワイはハイシーズンで繁忙期ですが、12月下旬〜3月もハワイ旅行に人気の時期です。逆にオフシーズンは4〜6月中旬、9〜12月中旬となります。

夏ほど混雑していないかもしれませんが、春休みになるとツーリストが急増します。3月にイースターがある年(4月になる年もある)は、ビーチがさらに混み合うことが予想されます。

どの島が一番混雑する?

賑やかさを楽しみたいなら、オアフ島とマウイ島がハワイで最も混雑しています。これらの島の訪問者数は、ハワイ州全体の年間訪問者数の半数以上になります。静かで落ち着いたトロピカルバケーションを好む人には、ハワイで最も混雑していない島の一つであるカウアイ島がおすすめです。

3月のハワイの楽しみ方

太陽が輝くビーチやトロピカルな自然の中を歩くハイキングなど、ハワイを楽しむ方法は一年中見つかりますが、3月のハイライトは、ホエールウォッチング、サーフィン、シュノーケリング、文化イベント、プルメリアが咲くのを見ることです。

3月のイベント

・ホノルル・フェスティバル

「日本と環太平洋の国々や地域を結ぶ」親善イベント。毎年3月にホノルルの中心部で開催され、アジア、太平洋、ハワイの文化を祝います。ワイキキのメインストリートを舞台に、ツーリストもローカルも楽しめる民族舞踊、ライブミュージック、教育プログラム、壮大なパレードなどが繰り広げられます。

・マラソン、トライアスロン

もし体を動かすことが好きで、美しいハワイの景色を眺めながらマラソンや自転車のロードレースや水泳に挑戦してみたいなら、3月にハワイ島で「ラバマン・トライアスロン」や「ビッグアイランド・インターナショナル・マラソン」が開催されます。

・コナ・ブリュワーズ・フェスティバル

ハワイ島の環境保全、若者の育成支援、文化の保護継承を目的として活動する「ケ・カイ・アラ財団」が、資金調達のために毎年3月にこのフェスティバルを開催しています。ハワイの地ビールやおいしいローカルの料理を味わいながら、ハワイの支援ができる良い機会です。

・ワイコロア・ウクレレフェスティバル

ハワイを代表する弦楽器ウクレレを称えるイベントが、ハワイ島のワイコロアビーチリゾートで開催されます。ウクレレマスターからこの楽器に触ったこともないという初心者まで、ウクレレレッスンやライブパフォーマンスを通じて、音楽とハワイへの絆を深められます。

・アナホラ・プリンス・クヒオ・デー・セレブレーション

このイベントは、ハワイ先住民の生活を守ろうと尽力したカウアイ島生まれのクヒオ王子の功績を称えるイベント。ローカルもツーリストも、展示やフラのパフォーマンス、ライブミュージックを通じて、ハワイの文化に親しめます。

ザトウクジラを見る

ハワイ語で「コホラ」と呼ばれるザトウクジラは、「クムリポ」というハワイの創世記に登場したり、古代ハワイのアートに描かれるなど、ハワイの文化と深い関わりを持っています。ザトウクジラが、交尾や出産、子育てをするために、毎年アラスカからハワイにやって来ると、ハワイの人々は「ザトウクジラが今年もまた帰省してきた」と考えます。

ハワイ滞在中にこの壮大な生き物を見てみたいという人は、マウイ島の西海岸、モロカイ島、ラナイ島に挟まれた「アウ海峡」が、ホエールウォッチングに最高の場所です。

3月のサーフィン

もしあなたがサーフィン上級者で、巨大な波を探しているなら、冬の風がまだ残る3月上旬にオアフ島のノースショアへ行くことをおすすめします。ノースショアでは3月中旬くらいになると波が落ち着き始め、サーフィン初心者に最適なコンディションとなります。

ハワイのビーチではサーフィンレッスンを受けられるところが多いのですが、サーフボードに乗るのは初めてという人でも安心できる最も有名なスポットは、ワイキキビーチです。

安全なビーチから経験豊富なサーファーが波に乗る華麗な姿を見たいという場合は、オアフ島のノースショアの中でも上級サーファーが揃うワイメアベイへ足を運んでみましょう。

ただし、3月に入るとノースショアの波の勢いが落ち始めるので、冬ほどのスリルは味わえないかもしれません。「ヴァンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン」のようなエキサイティングなサーフィンコンテストを見たいなら、11月か12月に訪れる必要があります。

おすすめのシュノーケリングスポット

ハワイのサウスショアは天気が良く海も穏やかな日が多く、水中の海洋生物をチェックするのに最適です。逆に3月のノースショア(特に初旬)は、波が高く水泳やシュノーケリングには向いていません。

島別のおすすめシュノーケリングスポットについては、以下の場所をチェックしてみて下さい。

・ハワイ島:多様な海洋生物が生息するカイルア・コナのケアラケクア湾は、西洋人がネイティブハワイアンと初めて接触した歴史的な場所です。

・オアフ島:ダイビングやシュノーケリングのスポットとして知られるノースショアのシャークスコーブには、岩だらけの湾と大きな潮溜まりがあります(シャークという名前が付いていますが、湾内と潮溜まりにサメはいません)。

・マウイ島:マウイ島沖にあるモロキニクレーターは、250種類以上の熱帯魚が生息するサンゴ礁が人気の小さな三日月形の島です。

・モロカイ島:モロカイリーフは、全長約45kmのハワイ最長のバリアリーフです。

・ラナイ島: 火山岩に囲まれたフロポエ湾には大きな潮溜まりがあり、ヤドカリやヒトデをはじめ様々な海洋生物が生息しています。

3月の深海釣り

熟練した釣り人から単に海で釣り糸を垂らしてリラックスするのが好きな人まで、ハワイでは深海釣りを体験できる素晴らしいチャンスがあります。海岸からすぐにドロップオフで海底が深く落ち込んでいるハワイ島のコナコーストは、世界的な深海釣りのベストスポットとして知られていて、伝説的な450kg 級のカジキを釣ることも夢ではありません。

コナ空港近くのホノコハウ港で船をチャーターできますが、春休み中は予約で埋まってしまうことが多いので、早めの事前予約が必須です。他にもおすすめの深海釣りスポットには、カウアイ島リフエのナウィリウィリ港、ホノルルのケワロ湾、マウイ島のマアラエア湾などがあります。

3月のハワイの海では、次のような深海魚が釣れる可能性が高くなります。

・マカジキ

・フウライカジキ

・マヒマヒ(シイラ)

プルメリアの花が見られる場所

レイにも用いられるプルメリアは、ハワイでは人気のある花で、3月になると鮮やかな花が木に咲きはじめます。花の色は赤、ピンク、黄、白など、様々な色があります。ハワイを訪れる人の多くは、プルメリアは明るく活気に満ちたハワイの雰囲気そのものだと感じるようです。

この香りのよい花を間近で見るなら、ホノルルのココクレーター植物園がおすすめです。この庭園には、一周約3.2kmのトレイル沿いに何百本ものプルメリアの木が植えられています。また、マウイ島のハイク地区にある「マウイ・ガーデン・オブ・エデン」の庭園でも色とりどりのプルメリアの花を見ることができます。

3月にハワイを訪れるなら、一日中ビーチを楽しむ日を作るのがマスト!

晴れの天気、快適な海水温度、大きな波、雄大なホエールウォッチング、カラフルなプルメリアの花、これらはすべて3月のハワイのハイライトです。春休み中のハワイ旅行を検討している方に、これらのヒントが少しでも楽しいバケーションの役に立つよう願っています!