hawaii packing list

【ハワイ 持ち物】楽しみなハワイ旅行、何を持って行く?便利な持ち物リストもチェック!

From The
Blog

Updated: April 1, 2024

ハワイ旅行の持ち物、さあ、何を持って行きますか?

楽しみなハワイ旅行が近づいてくると、それだけでワクワクしますよね。飛行機やホテルを手配したり、人気のレストランやショップをリサーチしてスケジュールをたてたり、ハワイならではの体験ができるツアーを探したり…。

あれこれ準備を進める中で、「あれ、海外旅行(ハワイ旅行)って何を持っていけばいいんだっけ?」「なにか忘れ物がありそう」と心配になってしまうという人も多いのでは?

自宅を出発した後、またハワイ現地へ到着してからあわてないように、事前にしっかり持ち物をチェックして用意をすることが大切です。今回は、あらためて「ハワイ旅行に持っていくべきもの。持って行くといいもの」をまとめてご紹介します。

準備に必要な「持ち物リスト」で事前チェックしておきましょう

ハワイへ初めて行く人も、何度も通っているハワイリピーターの方も、忘れ物をせずハワイ滞在を存分に満喫できるように、下記のハワイ旅行の持ち物リストを参考にしてみてくださいね。

お子さん連れハワイ旅行の場合の持ち物、女子旅で必須となる持ち物など、旅のシチュエーションによってご自分で持ち物リストを追加していくのも楽しいかもしれません。

絶対持って行くべきものから、持っていたら便利なアイテムまで、次の旅行を最高なものにするためにもぜひチェックしましょう。

ハワイ旅行 持ち物リスト

※しっかりチェックして必要なものを持って行きましょう!

■旅行の必需品・貴重品

  • パスポート(念の為、パスポートのコピーも)※有効期限もチェック
  • ESTA(電子渡航認証システム)※渡航の72時間前には申請を
  • 航空券(Eチケットの控え)

■クレジットカードや現金など

  • 現金(アメリカドル/日本円)
  • クレジットカード(カード盗難時の連絡先控え)
  • 携帯電話(スマートフォン)
  • ホテル、オプショナルツアーなどの予約確認書類
  • 運転免許証(レンタカー利用の場合)

■TPOに合わせたバッグ類・衣類

  • スーツケース(TSAロック付きのもの、サイズ・重さも確認)
  • ハワイ滞在中に使用するバッグ・カバン
  • エコバッグ

■日本〜ハワイ、機内で快適に過ごすためのアイテム

  • マスク
  • 耳栓
  • アイマスク
  • リップクリーム
  • ネックピロー
  • 上着
  • 靴下
  • 携帯用スリッパ
  • メガネ・コンタクトレンズ
  • イヤホン・ヘッドホン

■ハワイ滞在時・洋服や靴などの衣類

  • 滞在中の洋服(Tシャツ、シャツ、パンツ、スカート、ワンピースなどTPOも考えて準備)
  • 部屋着・パジャマ
  • 下着
  • 羽織物
  • 水着
  • ラッシュガード
  • ゴーグル
  • 靴やサンダルなど
  • スリッパ
  • サングラス
  • 帽子
  • サンスクリーン

■薬や化粧品、洗面道具など

  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • メイク落とし・洗顔料
  • スキンケアアイテム
  • シャンプー・コンディショナー
  • ボディシャンプー
  • 常備薬
  • 風邪薬
  • 胃薬
  • 解熱シート
  • 絆創膏
  • 生理用品
  • ヘアアイロン
  • シェーバー(ひげ剃り)

■その他

  • 各種充電器(充電コード)
  • モバイルバッテリー ※預け入れ荷物不可
  • 自宅・車の鍵

■あると便利なもの

  • 虫除けスプレー
  • 日本茶のティーバッグなど
  • ハンカチ・ハンドタオル
  • ティッシュペーパー
  • 除菌用ウェットティッシュ・ハンドサニタイザー
  • 洗濯用洗剤・洗濯バサミ
  • 洗面器
  • メモ・ペン

ハワイ旅行に「持っていくべき」ものを確認

■絶対に忘れてはいけない、海外旅行の必需品!

◎パスポート(念の為コピーも)

海外旅行へ行くには、何はなくともパスポートが必要です。パスポートを持っていない場合は、事前に申請を。発行までに時間がかかることもありますので、余裕を持って申請するようにしましょう。また、パスポートを持っている場合は、念の為、有効期限を確認するのをお忘れなく。

万が一、パスポートを紛失した場合に備えて、パスポートのコピー(顔写真ページのみでOK)を持っていくのもいいでしょう。再発行の手続きがスムーズになります。

◎ESTA

日本からアメリカへ渡航する際に必要となる「ESTA(Electronic System for Travel Authorizationの略=電子渡航認証システム)」。もちろんハワイへ旅行する時にもこの申請が必要です。ESTAを取得することで、渡航ビザを取得しなくても90日以内のハワイ観光滞在が可能になります。

アメリカへ渡航する72時間前までには渡航認証申請を行うことが推奨されているので(米国国土安全保障省による)、日程に余裕を持って申請を行いましょう。ちなみにESTAの申請費用は21ドル(約2,800円)、有効期限は2年間です。

◎航空券(Eチケットの控え)

現在、航空券は電子航空券化されているので、基本的には紙に印刷する必要はありません。ただ、手続きのや変更など、なにかあった時のために、念の為「Eチケット」と呼ばれるチケットをプリントアウトして持っておくと安心です。

■クレジットカードや現金などの貴重品は、旅行用のお財布に入れて

◎現金(アメリカドル・日本円)

ハワイの通過は「アメリカドル」です。両替する金額は個人差がありますが、クレジットカードをメインで使う場合でも、ある程度のキャッシュは持っていくようにしましょう。

到着時のちょっとした買い物や、タクシー、ホテルなどでのチップなどで必要になることがあります。最近人気の「ファーマーズマーケット」などでも、クレジットカードが使えない場合が時々あります。ただし、あまり大きな額の現金を持ち歩くのは、防犯上も危険なので避けるようにしてくださいね。

※ハワイ旅行で必要な所持金はどれくらい?ハワイ旅行の費用感は、こちらの記事も参考に

旅行前に知っておきたい!ハワイ旅行 費用の目安って?

また、渡航前の空港や日本帰国時に国内移動で使うことための、日本円をいくら持っているかなども確認しておきましょう。日本円とアメリカドルを分けるように、旅行専用の財布を作るのもおすすめです。

◎クレジットカード(カード盗難時の連絡先控え)

基本的に、ハワイのショップやレストランではほとんどの場所でクレジットカードが使用できます。また、レンタカーやアクティビティの予約時に、クレジットカードの番号が必要になることも多いので、必ず1枚は持っておくようにしましょう。海外旅行保険が付帯しているカードなら、さらに便利で安心です。

盗難や紛失などの安全面からも、現金ではなくクレジットカードの方がおすすめ。もし、カードを持っていないという方は、この機会にクレジットカードを作って準備することをおすすめします。カードを紛失した際のカード会社の連絡先などは、別途控えて用意しておきましょう。

◎携帯電話(スマートフォン)

海外旅行中にも、スマートフォンは欠かせない重要アイテム。写真や動画を撮るのはもちろん、SNSの利用、ネット利用の通話、さらに各事前予約の確認やハワイのスポット情報の検索にも大活躍します。現地ハワイの時間を確認したり、アラームをセットするのにも大活躍!日本またはハワイ現地で「Wi-Fiルーター」をレンタルするのも便利です。

天気予報やマップなど、旅行中に使える各種アプリや、Uberなどの配車アプリを、必要に応じて事前にダウンロードしておくと便利です。チップ計算アプリやThe Busの時刻表が見られるアプリなどもありますよ。

スマホアプリを上手に使って、ハワイ滞在をスマートに過ごしてくださいね。

◎ホテル、オプショナルツアーなどの予約確認書類

現地でのホテルやツアーを日本から事前予約した場合、予約確認の書類(バウチャー)も忘れずに持参しましょう。ほとんどの場合はメールなどで確認できますが、利用時にあわてないようにメールやスクリーンショットを保存しておいたり、必要な書類をプリントアウトしておくのがおすすめです。

なお、レンタカーを予約の際には、日本の運転免許証を必ず持参するようにしましょう。日本の免許証だけでレンタルできることがほとんどですが、できれば国際免許証を取得して行くことをおすすめします。

これも重要!飛行機の中を快適にするお役立ちグッズ

■機内で快適に過ごすための持ち物

◎マスク、耳栓、アイマスク

機内は乾燥するので、加湿タイプのマスクやリップクリームなどがあると便利です。また、心地よく過ごすために、耳栓やアイマスクを用意するのもおすすめ。とくに日本→ハワイは夜出発の便が多いので、なるべく眠れるような環境をつくると良いでしょう。携帯式のネックピローもおすすめアイテムです。

◎寒さ対策アイテム(上着、靴下など)

飛行機の中は気温設定が低いことが多いので、さっと羽織れる上着や靴下などを用意しましょう。機内は足がむくむこともあるので、携帯用スリッパを持参するのもおすすめです。これらを準備して、持ち込み用バッグに入れておきましょう!

◎メガネ・コンタクトレンズ

普段コンタクトレンズを利用している人も、長時間フライトではレンズを外してメガネにするなどの調整を。メガネケースやコンタクトレンズケースなどはつい忘れがちなので、ご自分のライフスタイルに合わせて機内持ち込みをお忘れなく。

なお、機内に持ち込める液体の量には限りがあります。100ml以下の容器に入ったものを、規定サイズ内のシッパー付き透明袋に入れれば持ち込み可能。コンタクトレンズの保存液や保湿用のクリームなどを持ち込む際には事前に確認するようにしましょう。

◎イヤホン・ヘッドホン

機内のエンターテイメント(映画やオーディオ)を楽しむためのイヤホンは、支給されることが多いですが、自分のスマートフォンなどで音楽や動画を楽しむためにはイヤホンやヘッドホンが不可欠です。長時間のフライトを快適に過ごすため、準備をしておきましょう。

ハワイでの過ごし方に合わせて、バッグやファッションを選ぶべし

■スーツケース、バッグ類

◎スーツケース

アメリカ発着(グアム、ハワイを含む)へ渡航する際、スーツケースには、鍵をかけないか、「TSAロック」対応の鍵をつけることが義務付けられています。テロなどの対策のため、TSA係員がを抜き打ちでスーツケースを開けて検査をする可能性があるためです。「TSAロック」以外の鍵をかけている場合は、鍵をこじ開けたりスーツケースを壊して検査を行うことが認められているので、お気をつけて。

登場時に機内に持ち込んだり、預け入れるスーツケースには、大きさや重さの制限もありますので、各航空会社の公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

◎ハワイ滞在中に使用するバッグ・カバン

意外と忘れがちなのが、ハワイ現地で持ち歩くバッグ類。とくに日本が冬の時期は、モコモコのバッグしか持っていない…ということも起きるので、ぜひお気に入りのバッグを持参するようにしましょう。旅行中は両手が空くように、ボディバッグやショルダーバッグ、リュックタイプなどが便利かもしれません。

◎エコバッグ

また、ハワイのスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどではレジ袋が有料なので、エコバッグも用意しておくと便利。ハワイではあちこちでかわいらしいエコバッグが売っているので、現地調達するのもおすすめです。

人気ショップのロゴが入ったエコバッグやローカルアーティストがデザインしたトートバッグなどは、現地で使うだけでなく気の利いたお土産にもぴったりです。

■服や靴などの衣類・ファッション

◎滞在中の洋服

常夏のイメージがあるハワイですが、渡航時期により気温や天候も若干変わります。冬場は雨季といわれ、小雨や曇の日も多く、少し涼しいこともあるので、薄手の長袖や上着を用意しましょう。夏場でも、乗り物の中やお店はクーラーが効いているので、パーカーやカーディガン、シワになりにくいブランケットなどの羽織物を用意して。

街なかを歩く時はTシャツにジーンズで問題ありませんが、ちょっとファンシーなレストランへ行く際には少しだけドレスアップするのも楽しみのひとつですよね。「ドレスコード」が設定されているお店では、女性はサマードレスやお洒落なワンピースにサンダル、男性は襟付きシャツに長ズボン、指先が出ない靴などを身につけていきましょう。

もちろん、ハワイ現地でドレスコードに合わせたお洋服を購入することもできます。

◎部屋着、下着など

ホテルでリラックスする時に着る「部屋着」や「パジャマ」もあると便利。日本の旅館にあるような浴衣や部屋着はもちろんないので(ホテルによって、バスローブはあったりしますが)、着心地の良い部屋着を持っていきましょう。

必要数の下着も、持って行くようにしましょう。

◎水着

ハワイといえば水着はマストですよね。お気に入りの水着を日本から持って行くのもいいですが、現地ハワイには様々なスタイルの水着があるので現地調達するのも楽しいです。ラッシュガードやパレオなども種類豊富。お子様用の水着も多種多様に揃います。

◎靴やサンダルなど

旅行中快適に過ごすためにも、歩きやすい、履きなれた靴を用意しましょう。ジョギングやハイキングを予定している場合は、スニーカーとソックスの用意も。カラフルなビーチサンダルは、ハワイで購入するのもおすすめです。

なお、ホテル内に「部屋履き用のスリッパ」は用意されていないことがほとんどなので、必要な方は携帯用スリッパや使い捨てスリッパを持参しましょう。

◎日除け対策

ビーチやプール遊びはもちろん、歩いているだけでも強い日差しを受けるハワイ。紫外線は一年中強く、日焼け止め対策は必須です。UVカット機能のついたサングラス、つばのある帽子、薄手のパーカーなどでしっかり対策を。

日焼け止めもマスト。ハワイ州では、2021年1月より「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」という紫外線吸収剤を使用している日焼け止めの流通が禁止になっています。サンゴ礁への悪影響を考えて、自然を守るためのルール。日本からの持ち込み分に関しては規制はされていませんが、ハワイの海を保護するためにも頭に入れておくようにしましょう。

ハワイ内で販売しているサンスクリーンは、すべてそのルールの基準をクリアしているので、ハワイのコンビニエンスストアやドラッグストアなどでお好みの日焼け止めを購入するのもオススメ。メイド・イン・ハワイのかわいくて自然にも優しい日焼け止めは、お土産にも喜ばれそうですね。

■薬や化粧品、洗面道具などはポーチに小分けして

◎歯ブラシ、歯磨き粉

日本国内と違い、ハワイのホテルには歯ブラシや歯磨き粉が置かれていないことが多いので、忘れずに準備を。また、メイク落としやスキンケアアイテムなども、普段使い慣れたものを持ってくると安心でしょう。

シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーは、ホテルのアメニティとして用意されていることが多いのですが、もしこだわりのブランドなどがある場合は持参しましょう。

上記アイテムは、ハワイのコンビニエンスストアやドラッグストアでも購入できるので、香りの良いものなどを選んで購入してもいいですね。

◎常備薬、風邪薬、胃薬など

ハワイのドラッグストアでも薬を買うことはできますが、自分が日常的に飲んでいる薬はぜひ日数分準備するのを忘れずに。風邪薬や胃薬なども、普段使っているものを少量持ってくると安心です。

とくにお子さん連れの場合は、飲み慣れた薬や万が一の時に備えてさっと使える解熱シート、絆創膏などの救急セットを持参するのがおすすめです。救急セットとして、ひとまとめに袋などに入れておくと便利です。

◎生理用品

生理用品やお子さんのおむつなど、紙製品のクオリティーは日本とアメリカでは違いがある上、ハワイでは価格も高めです。できれば使い慣れたものを、日本から持って行くようにしましょう。

◎虫除けスプレー

ビーチやハイキングなどに出かける際は、場所によっては蚊やアリなどいる場合も。さっと虫除けスプレーをしておけば、虫刺されの被害を避けることができます。それでも刺されてしまったときに備えて、かゆみ止めも用意しておくと安心です。

◎ヘアアイロン

ヘアドライヤーはほとんどのホテルに常備されていると思いますが、ヘアアイロンが必要な場合は自分で持って行くようにしましょう。コンセント式のものは問題アリませんが、電池式・充電式のアイロンの場合、電池を取り外せることが条件となるため、持って行くのに注意が必要です。心配な場合は、事前に利用航空会社に問い合わせを。

◎シェーバー(ひげ剃り)

ホテルのアメニティとして、使い捨てのカミソリが置かれている場合もありますが、使い慣れたものがいいという場合は持参して。シェーバーなどの日用品は、いつもと違う使い心地が小さなストレスとなることもありますよね。

■その他、あると便利なハワイ 持ち物

◎各種充電器

スマートフォンやカメラ、タブレットなどの充電器(充電コード)は、案外忘れがちなので気を付けて。移動中に便利なモバイルバッテリーも、必要に応じて持参を。※モバイルバッテリーは預け入れ荷物ではなく、機内持ち込みの荷物に入れましょう。

◎日本茶のティーバッグなど

日本からの輸入品はハワイでは高級品になることも。ホテルで必要な飲み物(お茶のティーバッグなど)を持参するという方も多いようです。しっかり個包装されたものがおすすめです。

◎ハンカチ・ハンドタオル

ちょっと意外かもしれませんが、ハワイでは日本ほどハンカチを持ち歩かないのか、販売している場所も多くありません。日本から数枚のハンカチを持ってくれば、いざという時に慌てずにすむでしょう。

◎除菌用ウェットティッシュ・ハンドサニタイザー

テイクアウトのプレートランチを買って公園やビーチでピクニック!などという時、ウェットティッシュがあると便利です。除菌効果のあるタイプなら、さらに安心。ハワイでは思ったより入手しにくい(価格も高め)こともあるので、必要な方は日本から持参されると安心です。気になる方は、ハンドサニタイザーも合わせて用意しましょう。

◎洗濯用洗剤・洗濯バサミ

長期滞在の場合、ホテルのコインランドリーなどを利用する可能性があるなら洗剤を適量持って行くのもいいでしょう(タイムシェアの場合は、お部屋に洗濯機がついている場合もあります)。洗濯機を使わないまでも、ちょっと水着を洗いたい、お子さんの肌着をが汚れてしまった、という場合にも洗剤があれば便利です。

なお、ワイキキやアラモアナではホテルのラナイ(ベランダ)に洗濯物を干すことが禁止されている物件も多いので、バスルームなどで乾かすようにしましょう。洗濯バサミも持参しておくと便利かもしれません。

◎洗面器

ハワイのホテルのバスルームには、洗面器はありません。ホテルによってはシャワーが固定式のこともあるので、洗面器を持っていくのが便利という声も。荷物に余裕があれば、検討してみては。

快適なハワイ旅行のために、持ち物を最終チェック

いかがでしたか?ハワイでは、パスポートやクレジットカードなどの貴重品以外は、現地で調達できるものも多いのですが、限られた時間を有効に楽しむためには「忘れ物」がないに越したことはありません。上記の内容を見返して、ゆとりを持って準備するようにしてくださいね。

■帰りにハワイからのお土産を入れる余裕も考えて

また、日本からの荷物でスーツケースがいっぱいになってしまっていたら、要注意。ハワイでお土産を買うことを考えたら、その分の余裕を持たせることも大切です。折りたたみの予備のバッグをスーツケースに入れて持ってくるのもいいですし、お土産用に、ハワイで大きなバッグやスーツケースを買うというのもありですね。

■便利な旅行グッズも活用しよう

また、洋服などをぎゅっと詰められる「圧縮袋」なども利用価値大です。ポケットいっぱいのトラベル用ポーチなど、旅行関連の便利グッズを取り扱っているショップなどで、必要なものをチェックしてみては。

事前準備の段階でいろいろシミュレーションを立てて、素敵なハワイ旅行を思い切りご堪能ください。

※ハワイならではのお土産探しはこちらもチェック

ハワイでしか買えないお土産を探そう!必見のショップ20軒を一挙紹介