best ukulele brands

初心者からプロ奏者まで、各レベルに最適のウクレレ メーカーをご紹介

From The
Blog

更新: January 1, 2021

ゆかいな名前と魅力的な歴史を持ったウクレレは、とても神秘的な楽器です。ポルトガル人の入植者達と共にハワイ島にやって来たブラギーニャという民族楽器が、いつしかハワイの人々の心を魅了し、ハワイで最もポピュラーな楽器ウクレレへと進化していったのです。

もしハワイに旅行のご予定があるなら、ぜひご自分でウクレレを選んでみたいと思いませんか? この機会を逃す手はありません。あなたもきっと、この気まぐれな楽器が奏でる甘い音色の魔法にかけられてしまうはず!

本日は一般に販売されている人気の高いウクレレの中から、初心者、中級者、プロフェッショナル向けのウクレレ メーカーをご紹介します。

このページが終わるまでに、あなたに最適な「飛びはねるノミ(ハワイ語で“ウク”は“ノミ”、“レレ”は“跳びはねる”という意味)」を選ぶために知っておくべきことが全て分かるでしょう。

プロフェッショナル向きのウクレレ メーカー

最初にご紹介する2つのブランドは、間違いなくこれまでで最も信頼性の高いウクレレブランドです。ハワイを訪れた際、公園で誰かがウクレレをかき鳴らしているのを見かけたら、そのウクレレはこれら2つのブランドのどちらかである可能性があります。さらに、プロのミュージシャンがウクレレを演奏しているのを見たら、それもこの2つのブランドの1つである可能性が非常に高いでしょう。

1. カマカ(ウクレレ業界最高位のハワイアンウクレレブランド)

ハワイ語で「ビジョン(視野、展望)」を意味するカマカは、その名に恥じない存在であり、まさにビジョンを持ったブランドです。1916年にサミュエル・カマカによって設立されたこのブランドは、100年以上にわたり高品質のウクレレを製造、現在も革新を続けています。

1928年に、カマカは世界初となるパイナップルウクレレの特許を取得しました。これはパイナップルに似た雰囲気のユニークな楕円形をしたウクレレです。従来の8の字型のデザインとは一線を画すパイナップル形のウクレレは、共鳴力が向上し、より大きくまろやかな音色を響かせます。

伝統的なウクレレも販売しているカマカですが、パイナップルウクレレのメーカーとしては世界トップクラスとして知られ、ハワイのウクレレギルドが主催する「ウクレレ・トレジャーアワード」をはじめ、ハワイマガジン主催の「リーダーズ・チョイス・アワード」では最優秀ウクレレメーカー(2回受賞)、 「第20回ウクレレフェスティバル」ではマハロ賞 など、数々の賞を受賞しています。

同社はハワイアンミュージックの殿堂入りをしているだけでなく、創業者のサミュエル・カマカとその息子であるサミュエル・カマカ・ジュニアとフレデリック・カマカが、ロードアイランド州にあるウクレレ殿堂博物館入りを果たしています。ウクレレの歴史における同社の貢献は、1999年の立法決議を通じハワイ州でも認められました。

カマカのウクレレの素晴らしさは間違いなし! これは業界でもよく知られている事実。だからこそ、ジェイク・シマブクロやハーブ・オオタ・ジュニアなど、世界的に有名なプレーヤーにも愛用者が多いのです。ウクレレ界最高位のブランドとしてプロのウクレレ奏者に選ばれるカマカでは、販売するすべての楽器に限定保証を付けています。

トップレベルのウクレレをお探しのプロフェッショナルなら、カマカの製品をチェックしてみてください。

最新のカマカのウクレレについてプロの意見を聞きたいですか? ウクレレぷあぷあ(1-808-923-9977)までお電話ください。ハワイ州ホノルルにあるウクレレぷあぷあでは、メーカーから直接買い付けています。

2. マーティン

ギターのメーカーとして知られているマーティンは、1833年にクリスチャン・フレデリック・マーティン・シニアによって創業しました。ペンシルバニア州ナザレスに本社を置き、6世代にわたって家族経営を続けているマーティン社は、175年以上にわたって音楽業界の主要メーカーとして躍進を続けてきました。

1916年にウクレレ市場に参入すると、マーティンは一躍トップメーカーへと躍り出ます。マーティンのウクレレにはソプラノとコンサートサイズがあり、背面や側面にはコアやマホガニー、ラミネートウッドをはじめ、さまざまな種類の木材が使用されています。

マーティン社では、持続可能な木材源と環境に優しい代替材料の使用を心がけています。それだけ真摯に取り組む一流メーカーのウクレレが、非の打ちどころのない高品質なものであることは疑いようもありません。そんなマーティンのウクレレは演奏者のみならず、コレクターをも魅了してやみません。マーティンウクレレは、魂に訴えかける美しさを宿しています。

もちろん、これほどまでに有名なブランドですから、価格は最大6,000ドルと高額になる可能性があります。人気の高い最高品質のウクレレですから、それなりの価格になるのは当然のことといえるでしょう。

マーティンの楽器は限定保証付きで、マーティン社によれば「米国またはカナダ内でマーティン認定ディーラーから購入した楽器のみ」が対象となります。

いずれにせよ、マーティンはプロのミュージシャンにとって最高のウクレレブランドの1つです。実際手に取って試し弾きしてみれば、その意味を実感されることでしょう。

中級者向きのウクレレ メーカー

プロのウクレレ奏者ではないけれど、いつかはなりたいと思っている方。ウクレレ中級者は、次のレベルに進むことができる楽器を持つ必要があります。中級者向きの優れたウクレレブランドをご紹介しましょう。

1. カラ

カリフォルニア州ペタルマ発のカラはハワイのブランドではありませんが、アロハスピリットを感じられるウクレレメーカーとして定評があります。そしてこのブランドは、興味深い生い立ちを持っています。

創業者のマイク・アップトンは、ドイツの有名な楽器メーカーであるホーナー社に就職しました。ハワイで販売代理人として働いた後、手頃な価格のウクレレ市場が未開拓であることに気づいたアップトンは、彼のアイデアをホーナー社ギター部門のマネージャーに売り込み、その結果1999年にラニカイブランドが誕生したのです。

そう、聞き間違いではありません。カラを設立したマイク・アップトンは、ラニカイの創設にも尽力しました。ホーナー社が経営陣を変更してハワイから撤退したとき、アップトンはハワイ島にとどまりましたが、後にカリフォルニアに移り、2005年に自身のブランドであるカラをオープンさせたのです。

初心者、中級者、上級者向けのソプラノ、コンサート、テナーウクレレを販売するカラでは、毎年いくつかの新しいモデルをリリースしています。この美しい楽器をできるだけ多くの人に届けることを目指しているカラでは、商品のラインアップを継続的に拡大しています。けれども、カラが提供するのは幅広い選択肢だけではありません。すべての製品は、高品質の素材と職人技によって作られています。

ソプラノウクレレであろうとコンサートウクレレであろうと、その品質と素晴らしいデザインに職人の魂が込められています。

そしてほとんどのトップウクレレブランドと同様、カラのウクレレにも以下のような保証が付いています。「アメリカ製のモデルは、購入日から2年間保証付き。保証請求が有効かどうかを検査時に判断する権利は、カラ・ブランド・ミュージック・カンパニーが保有します」

もし中級者向けのウクレレをお探しなら、カラのウクレレを強くお勧めします。

2. コアロハ

「世界一の手作りウクレレ」を自称するコアロハは、トップブランドとして急速に名を上げたウクレレメーカーです。

アルヴィン・パパさん・オカミが1995年に設立したコアロハは、ウクレレ業界では比較的新しいブランドですが、伝統的な素材を使用した楽器作りに定評があります。コアロハウクレレに込められたアロハの精神は、ブランド名自体にも表れています。コアロハとは、ハワイ語で「あなたの愛」という意味。ハワイの伝統木材である「コア」と「アロハ」を一つにかけ合わせた造語です。

興味深いのは、コアロハブランドが今のような高品質の素材を念頭に置いて始めたわけではなかったということ。いまもブランドの本社があるホノルルでオカミが会社を設立したのは、観光客向けのプラスチック製ミニチュアウクレレを作って販売するためでした。今日コアロハでは、革新的で珍しいデザインのウクレレを、幅広い価格帯やサイズで製作しています。

さまざまなデザインで展開するコアロハウクレレですが、一貫したこだわりが、最高品質のサウンドと王冠のような5つの突起がついたヘッド部分です。幅広いスタイルとこれら2つの要素が相まったコアロハブランドを支持するプロのウクレレ奏者も多く、ヴィクトリア・ヴォックスやダニエル・ホーもコアロハを愛用しています。

すべてのコアロハウクレレには、業界で最高レベルの保証が付いています。すべての修理と交換を対象とするライフタイム保証で、中古で購入したウクレレにも適用されます。

3. カニレア

ほかの革新的なトップクラスのメーカー同様、カニレアの歴史はガレージから始まりました。カニレアでは、ウクレレ中級者やプロのミュージシャン向けの楽器を製作しています。ウクレレや楽器全般の弾き方を心得ている方であれば、間違いなくこのブランドのウクレレから自分好みの甘い音色を引き出せるでしょう。

このブランドを立ち上げたのは、歩くより先にウクレレを手にして育ったというウクレレ作りの達人、ジョー・ソーザです。彼は消防士からミュージシャンへと転向しました。カニレアは家業として経営しています。ソーザは妻のクリステンと共に、1998年にカニレアを設立しました。

ガレージでのビジネスを数年行った後、カニレアは高品質の楽器を製造する一流のウクレレブランドへと成長しました。同社は優れたウクレレを生産するだけでなく、高水準の顧客サービスで競合他社との差別化を図っています。

実際、カニレアは楽器のライフタイム保証を提供する数少ないブランドの1つです。つまり、カニレアの工房で作られたすべてのウクレレは100%保証の対象になるということです。どのレベルのウクレレ奏者にとっても、これは一番の選択要素となるのではないでしょうか。

初心者向きのウクレレ メーカー

1. レオラニ

ウクレレを弾いてみたいと願う初心者にとって最適な選択肢といえるのが、「天国の声」と評されるレオラニです。このメーカーは、初心者向けのウクレレを手頃な価格で提供しています。手作りのウクレレのため、低価格にもかかわらず品質は一流です。

レオラニは香港出身のジェニー・リウによって、2002年にホノルルで設立されました。このメーカーでは、サステナビリティ(持続可能性)を実践しているコア農家の木材のみを使用しています。レオラニのウクレレはすべてコアの倒木か枯れ木から作られていますが、木を1本使用するごとに50本以上の苗木を植えるようにしています。

レオラニは初心者に推奨されることが多いのですが、メーカーでは特にソプラノを弾いてみて欲しいと勧めています。

もちろん手頃な価格のウクレレだけがこのブランドの選択肢ではありません。有名なウクレレ奏者のプリシラ・アーンは、レオラニで作られるプロ向けの高級楽器を愛用しています。レオラニのウクレレでパフォーマンスを行うプリシラ・アーンをチェックしてみてください!

手頃なレオラニウクレレですが、主に輸送中に起きた損傷に対して30日以内の保証を付けています。

2. アイランダー

アイランダーウクレレは、ジョン・ソーザとその妻クリステンがオーナーを勤めるカニレアの姉妹ブランドです。

このブランドのウクレレはより手頃な価格ですが、品質はカニレアウクレレと同様のレベルです。アイランダーは、ハワイの熱帯雨林の再生プログラムに協力するという特別な理由から生まれたブランドです。

ハワイ原産のコアの木は、最も価値の高い商業木材の1つです。同社ではウクレレを1本作るごとに、コアの木1本を植えています。なんとも心温まる土地への還元方法ですが、これも多くの人々がこのブランドの価値観に共感する理由の1つといえるでしょう。

カニレア同様、アイランダーでは優れたカスタマーサービスとウクレレのライフタイム保証を提供しています。もしあなたが高品質のウクレレを手に入れたい、初心者向けの良いウクレレブランドを探している、そしてハワイの熱帯雨林を保護したいと望むなら、アイランダーをお勧めします。

3. ラニカイ

ハワイのオアフ島生まれのラニカイは、真に最高のウクレレブランドの1つといえるでしょう。メーカーとしてのビジョンと価値観がラニカイを人気ブランドに押し上げた一方、高品質なサウンドを奏でる手頃な価格のウクレレを作り続けています。

先に述べたように、ラニカイはドイツの有名な楽器メーカーであるホーナー社に属するブランドです。カラウクレレのマイク・アップトンがハワイでホーナー社の販売代理人をしていた頃、このブランドが生まれました。当初、ラニカイのウクレレは中国製の集成材から作られていました。(最近では高価な価格帯に移行してきていますが)最も安い価格帯の頃から、多くの上級者やプロから支持されてきたブランドです。

ラニカイは、初めてウクレレを弾くという方に最適です。スコット・マシュー、ジェイソン・ムラーズ、ザック・コンドンなど、多くのトップパフォーマーがラニカイウクレレの愛用者です。

ラニカイを購入すると、ウクレレの修理や交換が可能な限定保証が付いてきます。

4. フェンダー

初心者に人気のもう一つのウクレレブランドがフェンダーです。フェンダーはもともとギターで有名なメーカーですが、近年ウクレレの製造でも知られています。

アコースティックギターからドラムまで、多くのトップミュージシャンがフェンダーを選びます。音楽業界における実績を考えれば、フェンダー社がウクレレ市場でこれほどうまくやっているのは当然のことかもしれません。

フェンダーでは他の楽器同様、最高のウクレレをいくつかのサイズで生産しています。すべては2009年、最初の3つのモデル「ノヘア」「ハウオリ」「パイナ」から始まりました。ウクレレ愛好家達はこれらモデルと共にフェンダー社がウクレレ業界に参入したことに大興奮だったといいます。ギターと同じように、フェンダー社が作るウクレレは、いまでは初心者向けウクレレのトップ5に入っていますが、始めからそうだった訳ではありません。

初期の頃は複数の製造エラーがあり、フェンダー社はさまざまな問題に対処しなければなりませんでした。ウクレレの品質について多くの不満が寄せられ、それはかなり長い間続きました。

最終的にフェンダーはウクレレの構造を研究しなおし、 高品質のモデルをリリースし始めました。いまでは初心者だけでなく、有名なプロもフェンダーのウクレレを使っています。

すべてのフェンダーウクレレには、2年間の限定保証が付いています。これは初心者向けモデルの平均を上回る保証期間の長さです。

よくある質問

どのブランドのウクレレを買うのがベスト?(考慮すべき4つの要素)

これまで見てきたように、さまざまなトップウクレレブランドがありますが、すべてのシチュエーションで「最高」とラベル付けできる単一ブランドはありません。初心者に最適なウクレレは、プロ向けのものとは異なります。市場に出回っているブランドの多くは、幅広い消費者を対象にしているため、数百種類の中から自分に合う1本を選択することは至難の業です。

重要なのは、自分のニーズに一番合ったブランドを見つけることですが、そのために役立ついくつかのヒントがあります。

1. あなたの現在のレベル

もしあなたが初心者で、ウクレレを続けるかどうかまだわからない場合は、カマカやカラのようなブランドを購入する必要はないでしょう。ラニカイやフェンダーのような、より手頃な価格のブランドを探しましょう。一方ウクレレ経験者の場合は、低価格のウクレレでは期待値を下回る可能性があるため、ハイエンド寄りのブランドをお勧めします。

2. いくら投資できるか

次に考慮したい要素は予算です。どのカテゴリーのウクレレでも、さまざまな価格帯があります。満足できる一本に巡り合うためには、価格と求めている品質、そしてサウンドのバランスの取れたものを探すようにしてください。

よくブランドの知名度が価格設定に反映されていることがありますが、ウクレレに関して言えば大抵の場合、より高い値札が付いているブランドはそれに見合った高い品質を備えています。

3. どんな音色を求めているか

ご存知のようにウクレレにはさまざまな種類があり、それぞれ異なる音色を持っています。ソプラノウクレレはテノールウクレレのようには聞こえません。オンラインショッピングの方が手頃な価格で販売されているかもしれませんが、購入前に違ったサイズや材質の楽器を実際手にとって試してみることをお勧めします。

もし店頭で試すことができなくても、オンラインでお目当てのウクレレを弾いている動画を見つけることもできます。そうすれば、少なくともそのウクレレの音色や音調を聞くことができますので、なるべくプロの演奏する動画を探すようにしてください。人気の高いブランドのウクレレを探しているなら、比較的簡単に見つけられるはずです。

4. どのくらいの頻度で弾くか

ウクレレに夢中になっているときは、指が動かなくなるまで毎日プレイする可能性があります。プラスチックのスプーンのような脆い品質のウクレレを購入すると、失望と交換の費用がかかるだけです。耐久性を重視したブランドを選ぶようにしましょう。逆にたまにしか弾かないのであれば、安価なモデルで十分かもしれません。

自分に最適なウクレレブランドを決めるためには、これらすべての要素が大切です。最も推奨されている、または有名なブランドというのではなく、自分に最も合うウクレレは何かということです。もちろん、もっと他にも検討するべき要素はありますが、今のところはこれらの要素を前提にしておけば問題ないでしょう。

ウクレレはどこで買えるの?

ウクレレを販売するオンラインや実店舗のショップはいろいろありますが、「ハワイへの愛」を広めたいと頑張っているショップからウクレレを購入したいとお考えでしたら、ウクレレぷあぷあをチェックしてみてください。

幅広い商品が揃うウクレレぷあぷあでは、さまざまなサービスや割引を提供しています。最も自分に合ったウクレレを、大変お得な価格で手に入れられるかもしれません。

Ukulele PUAPUA lessons

ウクレレぷあぷあでは、350ドル以上のご注文で送料無料のサービスを行っています。ハワイの実店舗からウクレレを購入した場合は、100ドル以上の購入で無料のケースを進呈しています。

ウクレレぷあぷあは、上記でご紹介したすべてのブランドの正規販売店でもあります。ブランドによっては、正規販売店で購入したウクレレでないと、保証が無効になる場合があるのでご注意ください。

さらに、ウクレレぷあぷあでは毎日午後4時に無料のウクレレレッスンを行っています。シェラトンワイキキ店に立ち寄って、ぜひご参加ください!

まとめ

これであなたも、自分に合うウクレレブランドを選ぶための十分な情報を得られたと思います。プロ向けの最高品質のモデルをお探しの方も、低価格の初心者向けのウクレレをお探しの方も、上記のレビューはあなたのニーズに合った1本を選ぶ目安となるはずです。

実際はここでご紹介したもの以外にもたくさんの選択肢があり、頭を悩ませることもあるでしょう。けれどもウクレレは、単に長所と短所を比較する以外にも、選ぶポイントがたくさんあります。ウクレレは、魂に響く楽器です。あなたの注意を引く、あなたの心をつかむ、そんなウクレレを見つけることに集中してください。

上記でご紹介したウクレレはどれも間違いなく素晴らしく、可能性は無限大です。ぜひこの記事で学んだ情報からだけでなく、更なるリサーチと試し弾きを重ね、あなたにとって最高のウクレレを見つけ出してください。